横浜のオーダーシューズ,、健康靴のプロフィットイイジマです。外反母趾、偏平足、巻き爪、足のトラブルから修理・調整まで、お気軽にご相談ください

よくある質問

足のこと、靴のこと、お店のこと、FAQ
お寄せいただいたよくある質問をまとめました

  • 予約が必要ですか? 気軽にご来店いただき大丈夫ですが、混雑時は、ご予約のお客様を優先させていただきます。
    足のケア、フルオーダー靴の製作をご希望なさる方には、必ず事前にご予約やご連絡をお願いsしています。
  • 取り扱っている既成の靴のだいたいの値段を教えてください 靴の種類や、ブランドによって違いますが、10,000円前後のものから40,000前後の靴などがございます。 基本的には履き心地や補高を重視する靴を取り扱っていますが、デザインやファッションも楽しんでいただけるように様々取り揃えております。
  • 中敷きを作りたいのですが、値段と制作期間を教えてください 足型からとっていく、フルオーダーの中敷きですと、お値段が30,000円に消費税となります また、ある程度アーチの付いている型からとった規制の中敷きから成形していくようなもので5,000円〜となります 中敷きのオーダーですとだいたい一週間くらいではお渡しできます
  • セミオーダーの靴の製作期間と、だいたいのお値段を教えてください 基本の価格は、30,000〜40,000円を基本価格としまして、調整や、デザインオプション、特別なオーダーなどでお値段に変動はあります。 製作期間としましては造るものによって違いますが、はやいもので3週間、お時間のかかるもので2か月ほどいただいております
  • フルオーダーの靴の製作期間と、だいたいのお値段を教えてください 基本価格としまして、160,000円ほどからとなっております。 製作期間としましては、3ヵ月ほどいただいております。高額で、なおかつ繊細な問題を抱えがちですので、 製作者と事前に打ち合わせていただきまして 双方に合意していただいた上でのお作りとなりますので、あらかじめご了承ください
  • 足の悩み、靴の選び方や中敷についての相談もしたいのですが 足や靴に関する相談を、定休日の水曜日を除いていつでもお受けします。 足のアドバイス、靴選びついてのアドバイスは無料でいたしております。 中敷の事でお困りの事があればお気軽にご相談下さい。
  • 同じデザインでも値段が違うのは・・・ 靴の製法、革の素材(パンチ素材、メッシュ素材)、革の種類、靴底の違いによってお値段が変わる場合があります。
  • 他店の靴屋で買った、靴の中敷のめくれなどは直せますか? 当店では、中敷のめくれや中敷のハガレなどは、その場でのりづけをして、中敷のめくれ止められますので、是非お持ち下さい。
  • 宅急便などを利用して、修理靴のやりとりが可能ですか? もちろん可能ですので、宅急便で当店まで靴をお送り頂き、到着してからお見積もりのご連絡します。 発送にかかる費用、送料は原則お客様のご負担とさせて頂いておりますのでご了承下さい。 ご不明な点はお電話でお尋ね頂ければありがたいです。 お送りいただく際には、是非修理の内容など、書いて頂けると大変助かります。
  • プレゼントしたいのですが、本人がいないと駄目ですか? 足にトラブルのない方や一度計測された方でしたら、 サンダルなどの比較的サイズ合わせの簡単な物は、ご本人不在でも靴をご購入可能です。 試し履きされる際には、室内などの清潔な部屋でストッキングや靴下の着用の上で靴もしくはサンダルをお試し下さい。 サイズ交換、返品をご希望の場合には、外など履かないでお持ちになって下さい。 商品に傷跡や外履きの形跡がございましたら、返品はできません。ご注意下さい。
  • 靴を選ぶ時間帯について、いつ頃が良いのですか? 一般的には足が一番大きくなる夕方がよいといわれていますが、 このタイプは全体の約60%で、残りの40%の人は翌朝が最大だったり、 一日中あまり変わらないタイプだったり、人によって大きく違います また不調を強く感じるときなどは、避けたほうが良いでしょう
  • 怪我や病気で、自宅から出られないのですが、出張して頂けませんか? 大変に申し訳ございませんが、プロフィットイイジマの方針として、出張のサービスはお受けいたしておりません。 当店では残念ながら、十分なサービスの提供が出来ないとの事でお断り致しておりますので、ご了承ください。
  • 偏平足で立ち仕事や歩く時に痛くて仕方ありません。どうしたら良いのですか? 偏平足とは足のつちふまずが極端に低下した状態です。 足の縦アーチ(つちふまず)は体重をしっかり支え歩行時の衝撃を吸収する役目があり 衝撃吸収のばねのような力を失った足は傷みやすくなります。 足の裏に痛みのある方には、中敷を柔らかく加工すると良いでしょう。 自分専用の足のウラの足型を起こし、オーダー中敷を作られるのも良いでしょう。 専用中敷を入れる靴は、合った靴でなければ本当の効果は発揮しません。
  • 外反母趾に良い靴はありますか 外反母趾を治す靴というのはありませんが、既にそうなった足にとって、少しでも快適に過ごせる工夫をした靴はあります。
  • 足の裏に出来たタコやウオノメがとても痛くて靴選びでいつも悩んでいます。 靴の中で足が擦れて、足の裏にタコやウオノメを引き起こした状態が考えられます。 自分の足より小さい靴を履くのは、巻き爪などの原因になりますので注意が必要です。 指がぶつからないサイズで、横幅も足に近い靴を履くと良いでしょう。 オーダー中敷の製作や中敷を柔らかくする加工、靴の調整で改善出来ます。 フットケアーで足の角質を削ると足裏を楽にする事も出来ます。足と靴の両方から考えると良いでしょう。
  • リウマチ、糖尿病、麻痺で困っています。私に合う靴はありますか。 糖尿病、リウマチや麻痺などで体が不自由な方には、中敷で調整加工できる靴やセミオーダー靴で対応できます。 目的や足の裏の症状に応じて、オーダー中敷で対応が可能です。 中敷自体もも特別に柔らかくしたり、靴も足の幅にしっかり合わせて作られると良いでしょう。 麻痺の場合はアンティバルスシューズのしっかりしたカウンター芯と靴の全体の周りの支えがある靴をお勧めします。
  • 自分の持っている靴を履きやすくしたいのですが。 靴の底材の改良中敷につちふまずを付けて支えたりアーチクッション(つちふまず)の性能を良くする事が出来ます。 足が挫きやすく方や内側(外側)に倒れこむ足には靴の底材や中敷でウェッジをかけ軸の調整が可能です。 簡単な内容でしたらその場でも可能ですが、基本的にお預かりお考え下さい。
  • セミオーダーのサイズの展開はどのような感じですか。 基本的に紳士靴は23、5cmから27、5cmで、28cmは特注です。 婦人靴は基本的に21cmから25,5cmで、19cmからつくれるセミオーダー靴もあります。
  • 甲の高い靴、幅の広い靴はお取り扱いされてますか。 輸入靴のドイツの靴で、日本人向けに木型を改良された靴をご用意してます。 甲高幅広の方にはセミオーダー靴でに対応できます。
  • 本当に足に優しい靴ってどんな靴ですか? 本当に足に優しい靴は、フッション性より機能性を重視した靴です。 指が伸び伸びと開けて使えるような紐かベルトでしっかりと甲を押さえる靴がお勧めです。 また五本指ソックスを履いた時に自分の足の形に近い靴でひもを結びます。 かかとをしっかりとホールドする事と、靴の形(丸い型の靴)が足に優しいでしょう。
  • 普段、歩き不足なのですが、身体や足にはどのような影響を与えるのでしょうか? 歩き不足や運動不足は、筋肉の低下を招き血行が不良になり、 足がむくみやすくなりので適度な運動とお散歩をお勧めします。 足は血管のポンプの役目をし歩行する事で血液の流れが活発になり 健康の為に一日に1時間から2時間ぐらい歩かれると健康的です。 ちなみに体重が増えると足幅全体や甲周り指などが広くなります。 体重が減れば全体的に足の幅は細くなる傾向にあります。
  • 子供の足で気をつける事と靴合わせは、どこを気をつければ良いのでしょうか。 成長が早い子供の靴は、サイズ選びに注意しなければなりません。 親指や第二指が、靴のつま先にぶつからないかは、必ずチェックする必要があると言えます。 5mmから1cmの捨て寸(指先のゆとり、または余り)を必ずとりましょう。 ひも靴やマジックベルトの靴でしっかりと甲を固定する靴がが良いでしょう。 ローファーやスリッポンの簡単に履ける靴は、足を痛めやすく子供の足の成長を思えばお勧めはしません。 欧州の国では、子供の健康の為や子供の自立の為に子供が小さい頃からひもの結び方を子供に教えます。 大人に限らず子供さんも靴のつま先の形は尖った靴の形よりも、オブリークトゥと呼ばれるようなそら豆のような靴先の靴を選ぶと歩きやすいとおもいます
  • 足の爪が高さが厚くなって靴の上部の部分に当ります。かなり爪と指が痛いのですが、なんとかなりませんですか? セミオーダー靴で部分調整で、爪の高さを上げるなどの対応できます。 爪の当たる所の、高さをポコンと上にあげてお作りになられると良いでしょう。 中敷の取り外しが出来る靴はその中敷自体を削る事できます。 靴の容積を調整し爪上部の容積出して、爪の高さの厚みを出す事も可能です。 靴には革伸ばし専用機で爪部分のあたる上の場所を ピン・ポイントとポコンとその部分だけお伸ばしする事も出来ます。
  • 椎間板ヘルニアなのですが、靴で楽にする方法はありませんか? まず中敷自体を柔らかいクッション材に変えてクッション性を高められます。 その他目的や症状に応じた、中敷の加工と調整をすると良いでしょう。 ウォーキング靴の底材自体をクッション性の良いものに加工したり、 カカト部に柔らかいクッション材を入れ込むプッファーヒール加工など有効です。
  • 実はこれから入院するんですが、いつ靴を購入したら良いのですか。 手術後や退院をしてからの方が、体の状態が落ち着いてからの方が病気や怪我が改善されます。 また体が小康状態の時に、お越し頂けると宜しいと思います
  • 冠婚葬祭に適切な靴はどのような靴でしょうか。 基本的には、男女共にスムース(表革)黒の革靴で、男性は正式には一文字の靴(ストレート・チップ)です。 紳士靴でフルブローグ、ウイングチップ、タッセルローファーなど 決して正装用の靴ではなく、普段履き用のカジュアルとお考え下さい。
  • オンラインショップ
  • ブログはじめました
プロフィットイイジマ Copyright © 2012 Profitiijima. All rights reserved