横浜のオーダーシューズ,、健康靴のプロフィットイイジマです。外反母趾、偏平足、巻き爪、足のトラブルから修理・調整まで、お気軽にご相談ください

スライド写真
まきづめの矯正
まきづめの矯正写真

痛い巻き爪直しませんか?

超弾性ワイヤーによる巻爪の矯正は手軽に簡単に行えます。

痛い巻き爪
直らないとあきらめていませんか?

まき爪は、起こした本人にしかわからず、その痛さも歩行時に大きな痛みを伴う方から、靴を履いた時に痛む方、その痛み方も様々です。 まき爪は拇趾の爪甲横方向に曲がって、皮膚に食い込み、巻き込まれてくる爪の変形です。私の見た爪の中で重度な方は爪の端と端がくっついて、つめが円状に 丸くなってしまう方もいらっしゃいました。

爪が皮膚にくいこんで、爪の先端が痛いというケースが多く、ひどくすると、出血が内芽形成や膿が出るという事もあります。 こうした場合は、すぐに最寄りの医療機関で治療を行っていただくことをお勧めいたします。また当店にご相談いただければ、ご紹介もできます。

巻き爪でつらい思いをされている方は
まずは靴を見直すことです

まき爪の原因の多くは「合わない靴」と「間違った爪の切り方」です。 まず第一に、足に合わない靴を履くことによるものです。 つま先のゆとりのない圧迫されるような靴。爪の高さが十分でなく爪の先が靴にあたってしまうような靴がそうです。

しかし、大きければ良いと言うものではあるません。大木卓靴は、歩行時に足が靴の中で動き、結局は状態を悪化させてしまいます。 痛いまき爪に合わない靴は最悪ではありませんか。

まき爪でつらい思いをされている方は、まずは靴を見直すことです。 シューフィッターによる足の計測を行い、ご自身の足がどんな状態で、どんな特徴があるか、しっかりと知ることが大切です。 足に合った靴をしっかりと履くことで、足の状態は驚くほどに改善します。

最新素材の超弾性ワイヤーを使い
食い込んだ爪を広げていきます

第二の原因として、間違った常識としてある爪の切り方です。 手の指の爪を切るように、足もまた角を残さないように丸く切るように、教えられた方が多いと思いますが 実は、足のつめは角を残し整える形が正しく。手の指の爪を切るように丸く切ったりするのは間違いなのです。

当店では超弾性ワイヤーを、痛みの軽減や爪の状態の改善に使用します。 超弾性ワイヤーはニッケル、チタン合金を使用した特殊なワイヤーです。180度折り曲げても、元戻ります。

このワイヤーの特製を利用して、爪の状態を改善します。 軽いまき爪なら2〜3週間、ひどいまき爪でも段階を位おいて2、3回かけなおせば、2〜4か月ほどでより楽な状態になります。

一見シンプルな方法
でも、巻き爪がみるみる改善していきます

その方法は、爪の両サイドにピンバイスで2か所穴をあけ、ワイヤーを通すだけの簡単な方法です。時間は3〜10分もかかりません。 「爪に穴を開けるなんて、痛い。怖いんじゃないか」といわれる方もいらっしゃいますが、痛くありません。

とび上がる位痛かった巻き爪がとんとん触っても痛くない。 掛けた瞬間 巻き爪が皮膚から浮き上がるから痛くないのです。 だんだんと開かせながら綺麗な爪になっていきます。

  • 超弾性ワイヤー巻爪矯正
  • STEP1爪に穴を開ける
  • 爪に穴を開ける
  • 爪の一方の脇に、裏側から穴を開けます。痛そうに見えますが、爪を切るのと同じで痛みはありません。
  • STEP2ワイヤーを通す
  • ワイヤーを通す
  • 穴を開けた爪の片側から超弾性ワイヤーを通し、曲げてふたつ目の穴に通します。
  • STEP3ワイヤーを切る
  • ワイヤーを切る
  • ワイヤーを引っ張って爪に沿わせ、余分なワイヤーを切り取ります。超弾性ワイヤーの元に戻ろうとする性質が爪を持ち上げます。
  • STEP4ワイヤーを固定
  • ワイヤーを切る
  • ワイヤーが外れないように、端を接着剤で固定します。所要時間はわずかです。いままで皮膚に食い込んでいた爪がワイヤーに持ち上げられ、人によってはその日で痛みから解放されます。
  • STEP5徐々に広がる爪
  • 徐々に広がる爪
  • ワイヤーを通してすぐにまき爪が治るわけではありません、時間をかけてゆっくりと爪を戻していきます。 症状によっては数か月の時間を要します。根気よく続けることが大切です。
  • オンラインショップ
  • ブログはじめました
プロフィットイイジマ Copyright © 2012 Profitiijima. All rights reserved